さっと

秋田県南に住んでいる「風変わりな人」・・だそうです。

お盆明け

高校野球とかに興味がないのは、たぶん「そういう年代の子どもがいないから」と云う訳ではなさそうです。
地域内から選手として出場している子どもさんがおられて、飛行機で日帰り往復で応援・・とか、あっちこっちで、その子に応援している声とか聞こえてきましたが…野球自体に興味がないのだと知りました。
そういえば、オリンピックで、誰が決勝に残った・・とか、メダルがどうのこうの・・とかいうのにも興味がないのですから、仕方のない話なのかもしれません。

クイズ番組を見ていて、そういうものと、時事ネタの答え・・どころか、設問自体に??状態でして
そんなことがあったのかぁ・・と、なってしまって、芸能界を生き抜いている方々のクイズ番組での博識=解答ブリに感心することしきりです。
なんだかなぁ・抑うつ気質がぶり返しているらしく、通常生活をするのさえも、つかれていて、それに、特別なことが降りかかると、気力的な限度を感じて・・だめですねぇ・・・まだ若いんだから・・・??
う~~ん、どこからどこまでが、そういう定義なのかわかりませんが、頭の中に「♪もう、若くないさ・・と、君に言い訳したね。」言い訳じゃぁなくなっていると思うのですが、人間としての人生・全体で考えると「まだ若い」のかもしれませんが、生殖機能中心の動物として考えると「もう…」という事になるのでしょう。

朝の気温が下がり始め、掛布団が必要な位に涼しくなってきたようです。
北国秋田・・・間違いなく、秋に向かい、冬に向かっているようです。
夏場に雨が少なかったので、今年の冬はさらに降雪量が多いのかもしれません。
さて、どうなることやら・・・

明日は、仏事の一日で、ココの掲載がどうなるのかわかりませんが・・・まさか、そのことで、ここまで落ち込んでいるわけではないのでしょう・・・いろんな細かいことが微妙に重なって、どうにも、這い上がれないような気力状態になっているのでしょうか・・まぁ、何とか、食べ物がお腹に入っていきますから、もうしばらくは、生きて行けるものだと信じていますが・・・あ、この間、心臓にナンカの影響が来て、不安をあおられるような感触があったから・・なのかな?
鬱っぽい症状ついでに・・・化粧品などで「皮膚から吸収される」といわれている「発がんなどの毒性がある」といわれている物質の記載を見つけました。
ラウリル硫酸ナトリウム、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)、パラベンソルビン酸、蛍光増白剤、安息香酸塩、タール色素、直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムなど
シャンプーとリンスが一体になっているのは「最も危険!」・・・
とのことで・・・・へ?・・パラベンなんて、ナンにでも、はいっているんじゃないの?あたりまえっぽく、内容成分表で記載を見たことがあるもの。
もう、戦後じゃぁないんだけれど、今でも、ただ・単に「不健康じゃあ無い状態で、生きぬいていく」・・このことだけでも、大変な世の中なのねェ、あ~ぁ・・平和って・平安って・・なんなんだろうか・ねぇ。